ローン中の車買取…残債額よりも買取価格が下回る場合

車買取ローン中の場合、売却は可能か?

クルマをローンで購入するメリットは購入資金がなくても、欲しいクルマを手に入れることができることです。しかし、デメリットもあります。その一つが、所有権が通常ローン会社にあるため、自由で売却することができないということです。もちろん、クルマを購入する際には、ローン返済中にクルマを売却することなどないと考えてローンを組むわけですが、しかし途中で何があるかわかりません。

多いのが事故です。事故を起こしてクルマが大破してしまった場合、それを修理して乗り続けるか、それとも売却するかの選択を迫られます。また、ローンの返済が苦しくなって売らざるを得なくなったというケースも多いようです。さらに転勤でクルマの必要のない地域に引っ越さなければならなくなったとか、クルマが気に入ら無くなったというケースもあるでしょう。

しかし車買取ローン中の場合は、所有権が使用者本人にはないために、基本的には勝手に売却することはできません。では絶対に車買取ローン中の場合は不可能なのかというと、実はそうではありません。ローン会社に残債額を支払ってしまえば良いわけです。ローンを完済すれば晴れて仕様車本人のものとなるので自由に売却することができるわけです。

 

車買取ローン中の場合買取額で残債を充当

しかし、手元に残債額を支払う資金がない場合はどうしたら良いのでしょうか。多くの人が考えるのが、車買取業者に売却して、その買取価格をローンの返済に充てるというものです。買取価格が残債額と同額以上であれば問題は何もありません。しかし、たとえば事故を起こしてしまったような場合は、高額買取を期待することは難しいので買取価格が残債額と下回ってしまうことでしょう。車両保険に加入していれば、買取額に保険金をプラスことで何とかローンを完済することができるかもしれませんが、車両保険に加入していない場合はかなり厳しくなることでしょう。

その場合は不足分を別途補わなければなりません。一括で現金で支払うのが望ましいですが、もし現金支払いが難しい場合は、再びローンを組むことになります。クルマが手元にないのにローンだけが残るというのは空しいものです。

また、クルマをローンで買い替える場合、二重ローンになってしまいます。そうなると返済不能に陥るということも考えられます。このようなケースを考えると、ローンを完済するまでは売却しないことが望ましいです。あるいは、ローンを完済できるくらいの高額買取を目指すことを重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です