行政書士試験勉強は通信講座だけで大丈夫?

まずは選ぶべき通信講座の質を見極める

行政書士試験は法律系資格の登竜門と言われていますが、毎年合格率は相当低いかなりの難関資格試験です。合格をするために、通信講座を利用して勉強するという判断は正しいと言えますが、どこでもいいというわけにはいきません。正しく見極めないと行政書士試験の合格は遠のきます。まず、人気があるからなどと安易な理由で選ぶべきではありません。大切なのは、学習効率が高いかどうかです。

そういった意味では、講義を視聴できる事は大切です。テキストをただ読むだけではなく、目で見て耳で聞いて覚える方が効率的だからです。CDではなく、視覚からも学べるDVDである方が好ましいです。集中して学ぶためには画質は良いに越した事はありません。法律用語などに慣れていない場合、最初はわからないことだらけです。

気軽に質問ができる環境はとても大事です。たくさん質問をしてもすぐに答えてくれるところが望ましいです。インターネットを使った学習システムがあることも、重要なポイントです。カリキュラムを組んだり、問題を解いたりすることで、さらに内容を深く理解することができます。テキストそのものが色分けを工夫していたりとわかりやすいことと併せて、以上のような条件を満たしているところを選び、学習すると良いです。

 

通信講座プラスアルファの勉強法

充実した行政書士試験対策の通信講座を選ぶことができたら、まずはそこでの学習に集中すべきです。行政書士試験の試験範囲は広く、覚えなければならない知識は膨大です。テキストや講座を 一通り学ぶだけでも大変な量です。それを知識として頭に定着させるために、何度も繰り返し覚えたり、いろいろな角度から知識を身につけようとする姿勢が大切です。これにプラスアルファでさらに学ぶとすれば、問題集などが最適です。特に試験の直前には、様々な問題に触れ、慣れておく必要があります。

問題集を解くことで、知識の整理ができます。わかっているつもりでそうではなかったり、勘違いをしていることに気づくことも多々あります。また、最新の問題集を解くことで、ここ数年の出題の傾向もわかってきます。意外と同じような問題が繰り返し出題されていることに気がつくはずです。合格のボーダーラインに受験者はひしめいています。

1問の正解・不正解で合否を分けることもままあるので、その重要性を知るためにも、傾向をつかむ努力は、大切な作業です。少し余裕がある人は、毎年出題されている個人情報保護法について、別でテキストを学ぶのも1つの手です。不安定な一般知識の出題範囲で、確実に得点が見込める武器になります。

行政書士通信講座を選ぶ際のお役立ちサイトはここ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です